■2012年10月07日発売

■タイトル:家族の見舞いに病院に訪れた少女が入院患者に犯される

■内容はタイトルのまんま、14Pフルカラーです。初作品ということになりますが、課題が山積みですね。作画が所々違うし、擬音やら台詞やら効果線やら。マンガって難しい。精液は塗るのはつまらないですが、出来たのを見るのは楽しい。次回は自分でも抜けるクオリティに仕上げたいです。
 
■2012年11月07日発売

■タイトル:ファミレスの事務所で店員に犯される少女

■二作品目、15Pです。ファミレス内にてトイレに行きたかった少女が事務所でスタッフに犯されるという内容です。「お漏らし」に挑戦してみました。あと前回の課題、漫画的な表現に気を付けました。おかげで、作画はあまり上達してないにも関わらず、グッと見栄えがよくなりました。
 
■2012年12月08日発売

■タイトル:買い物帰りにマンションのエレベーターでレイプされる少女

■三作目です。今作は表紙を含めて14Pになりました。精液の塗りに時間をかけてみたのですが、成果が表れなくて少し凹みました。次回こそはがっつり頑張ろう。あと、今回は故障したエレベーターが舞台なんですが、本当はエレベーターが復旧した後の話も書きたかった。だけど、それだと20P位になっちゃうし。無駄に長いですよね。似たような密室物をいつか書きたいと思います。
 
■2013年1月31日発売

■タイトル:授業をサボった少女が担任に保健室で犯される

■四作目、今作も14Pです。音痴なのを気にして歌のテストを仮病で休んだ少女が担任に指導されちゃいます。(ズルはいけませんね、ズルは・・・)小学生のスカートに挑戦しました。参考画像を見て、背中側のストラップはクロスになってたなーとか懐かしみながら描きました。やっぱりこのストラップの存在が幼さを表しますよねー。名札もつけたかったなあ。あと課題の精液塗りは、コツがまったく掴めませんでした。
 
■2013年4月06日発売

■タイトル:生意気なバスケ少女が部活後、体育倉庫で犯される

■五作目、表紙、予告込みの20P。今までで最年長の中1です。射精の順番が口→中→外ですが、やっぱり中出しは最後かな。ぶっかけを中盤にすると、その後、ぶっかけられた状態を描く羽目になって手間がかかるなー、ってやめちゃった。でも今回、比較的早く精液塗りのコツを掴めたので、これなら精液まみれのみうちゃんをぐちゃぐちゃにしてやれば良かった、と少し思います。作品内で説明はないですが、男の坂北は、桜井の先輩で男バスケ部、という設定です。
 
■2013年6月06日発売

■タイトル:初デートで動物園に行った女の子が見知らぬ中年にレイプされる

■六作目、表紙と予告を入れて18P。ねうちゃんが屋外で堂々と犯されてますが、他の人はまったく気付きません。最早コメディ。今回は寝取られ的な話なのでちょくちょく回想シーンなんかも入れてみたり。うまく描けたら話の緩急を付けれると思うのでまた試すかも。今回みたいなパンツのずり下げセックスは好きなんですが、ポーズが制限されるのが難点で、作中、ゴムが完全に伸びきってるコマもあったり。でも可愛らしいのでまたやろうっと。
 
■2013年8月22日発売

■タイトル:夏休みに路地裏で犯される関西少女

■七作目、表紙と予告を入れて22P。読み易くする為にまたフォントサイズを上げました。これ以上は無理かも。河西かなというキャラは元々、とあるエロゲにちょい役で出た関西少女がモチーフです。自分はお気に入りだったのですが、エロシーンがちょっとしかなかったので不足分を補いたかった訳です。フェラシーンが前回とかぶってますがフェチなのでご勘弁を。その甲斐あってかお気に入りの作品になりました。
 
■2013年12月1日発売

■タイトル:塾の帰りにレイプされた優等生な女の子

■八作目、本編23P、表紙、予告、差分が1枚ずつの全26P。フルHDモニタでも見易い様に画像サイズは約2:1の2300*1300に。水原あみはコナン君の灰原さんみたいなクールでな子のイメージで描いたんですが、あの大人口調に違和感があって子どもっぽくしたらあれれぇみたいな感じで面影なしです。クールじゃないし。髪の色を茶髪だと小学生っぽくないので黒くしたのも原因か。一応、スカートの色を茶色にしたんですけどね。
 
■2015年2月14日発売

■タイトル:バレンタインのチョコ売り場で犯される女の子

■九作目、本編21P、差分4P、表紙1Pの全26P。おまけ4コマと予告付き。朝すれ違う高校生に憧れる小学生の話。サイズは2100*1500と試行錯誤中。「甘く、賑やかな場所でのレイプ」をイメージしましたが、もう少し俯瞰、望遠的なアングルが多い方が自分としては好みです。只、実力が付いてこないぜ。前作がセリフ多過ぎだったので今回は出来るだけ抑えてみたんですが、読み返すとまだちょっと多いかも。しかし言葉攻めが好きな自分としては、譲れないものがここにあるのだ。
 
■2015年3月発売予定

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system